つらりつらり

思いつくままに書きます

学生じゃなくなる

二ヶ月後には学生じゃないんだと思うと
ドキドキする、不安でドキドキ。

あ〜〜〜〜
なんだか卒論も出して順調に卒業までの期間を過ごしているわけですが、寂しいが多すぎる。
最後の授業、最後のバイト、最後最後!最後ばっかり!
社会人になってしまうんだな!寂しい!
同い年の人たちに囲まれることもほとんどなくなってしまうんだな!!!



これ教育実習で感じたんだけど、
子どもからしたら22歳の人なんて随分大人なんだなと。
中学生の頃も高校生の頃も
実習生は大人に見えて仕方なかったから、
その立場に立つと、すげーってなってしまった。
だって実習生のこちらからしたら、年が一つ上の先生よりも
生徒の方が身近だって勝手に思ってたし。


だから、世の中の人が見たらわたしもいい大人なんだろうな。
まだまだ自分を客観的に見られない年頃(なにそれ)



大人といえば最も身近な親について。
子どもの頃は親が絶対的な存在で、
全て正しくてパーフェクトな人だと思ってました。
この歳になると、そんなこともないな、
親も人間だなって思えるようになってきて。
尊敬という点では子どもの頃より何倍もしてるんですが。
やっぱりそれは人間として受け入れてるからこそ、
尊敬できるんだなぁと思います。
なんか話の方向が謎

まぁ、ちゃんとした大人になりたいなという願望でした。

広告を非表示にする

君に何から伝えるべきだろう?

 

2017年もあと少しになってきて少しずつ焦っています。

 

毎年この時期は焦っているかもしれない。

あ、今年を生きた結果を自分の中で作らなきゃ!ってなってしまう。遅いわ。

 

今年中になんとかしなきゃと思っていること

①卒論終わらせる

②中掃除(大掃除程はしないけどある程度したい)

③断捨離

④テレビの録画いらないの削って容量空ける

 

特に意味もない文章を書きたくてたまらなくなった。

今日は珍しくパソコンからの更新。夜はまだ長い。卒論がんばるぞ~

 

タイトルはflumpoolの新曲『とうとい』から。良曲すぎる。好き。

あー、、Re:imageツアーレポ書こうと思ってたの忘れてたなあ。

思い出したころにまた。

タイトルが思いつきません

大好きなバンドflumpoolの活動休止が発表されました。

flumpoolを知ったのは
ラジカセを買ってもらって嬉しくなった夜に
偶然聞いたSCHOOL of LOCK!でした。

中2で反抗期と厨二病のようなものを拗らせていた私は、
親に反抗して勉強せずにいること、そして
この時代にラジオを毎晩聞くというかっこよさにハマり毎日のように聞くようになりました。といってもそんなに真剣に聴いてたのではなくて、なんとなく聞き流してる感じでした。

初めてflumpoolのコーナーを聞いた時
J-POP J-ROCKに興味のなかった私は
その人たちの喋りを聞いて芸人さんか何かだと思っていました。

今でも忘れない、生放送にflumpoolが登場した時
最後の曲(たぶん)で「LOVE2010」が流れていて
これまでどんな音楽を聴いてもおきなかった衝動というか感動を感じました。
それからflumpoolを調べるようになり、バンドだと知りどんどん好きになりました。

それから、高校受験とかつらい時には、追い込まれた時とかにも、もちろん楽しいときにも、いつも聴いてたし、聞くことで勇気をもらって楽しくなって乗り越えてきました。ここまで生きてこれたのほんとにflumpoolに出会えたからだと思ってる。
これまでの8年間flumpoolがわたしの生きる希望だったし、糧だったし、全てでした。

だからこそ、活動休止という文字がつらい。
12/4のライブで見た、必死に歌う隆太さんの姿それをカバーしようとするメンバーの姿。何とも言えない感情になりながら、家に帰ったし、
休みという選択をしてくれて本当に良かった。
一方で、当分ライブ見れないんだって思ったりとかそういう気持ちになってしまうのもつらいなあって
いろんな感情になりながらやはり活動休止は現実だと知りつらい。


今日1日ずっとなんだか落ち込んでいました。
でも、やるべきはそういうことじゃないんだろうなと。一日中なんか色々考えすぎてしまったけど、
自分のやるべきことをしっかりやって、もう一度彼らのステージを見られるように生きていかなきゃ行かないなと思いました。
ほらやっぱり力もらってるな、きっと私はflumpoolなしでは生きて行けないんだよなぁ。

じっくり待ちます。
どうか焦らずゆっくり…

相変わらずまとまりはない。
千文字ちかく書いてしまって驚いてます。
この調子で卒論書く(はず)

夕食は焼肉でした

忙しい日々を送り始めるとパッタリとブログ、インスタ、ツイッター等に現れなくなるわたしです。

まあこれはみんなそうか…

放置しててもアクセス数伸びてんの超なぞ、、
何のワードを検索してたどり着いてるのですか?笑笑


近頃のわたしは6時起床24時就寝のTHE健康的な生活リズムで生きています。
ご飯は三食バランスよく食べます。
このおかげでここ7年くらいの中で一番体調良いです。


高校時代の常に眠くて、常に病んでて、常に成績停滞してた(低すぎて下がる余地がなかったため)わたしに教えてあげたいことは6時間くらい寝なよってことです。あの頃は4時間睡眠が当たり前だった。でも授業中とか超寝てた…何してたんだ…

気づいたら1週間に2.3日は体調悪いのが当たり前だったんだけど、今は本当に毎日体調が良い。体調が良いとめちゃめちゃポジティブになれますね。
実際、わたし就活終わってないけど超ポジティブです。。みんなポジティブに生きような。

就活という仕事選びを人より長くやることで、より良い職場に出会えるんだぜ!というレベルのポジティブ。

ディズニーランドに行きたい。

唐突ですがおわり。

広告を非表示にする

今日はクッキーが食べたかった

簡単に組み立てられるという家具を買ってもやたら時間をかけて不恰好なものを完成させてしまう私です。


先日実家に帰った時に、家族がインスタント味噌汁のあさげにハマっている話を聞いて
「いやインスタント味噌汁なんてどれも一緒でしょ〜」とかいいながら試しに飲んだらめちゃめちゃ美味しかったです。
で、買ってしまいました。
今日昼食(2杯)と夕食(1杯)に飲みました。味噌汁普段あまり飲まないのに。やはり美味しかった。

一回ハマると飽きるまで続ける癖があります。
そういえば冬はキムチ鍋にハマりずっっとキムチ鍋食べてましたね。締めにご飯ととろけるチーズで最強!とか思ってました。

食べることは好きです。
ダイエットとか考えたことがない。
その時に食べたいものを食べたいだけ食べるのが、自分の中ではストレス発散です。生きがいです。
これやらなかったら逆に太りそう。
ダイエットなんてしなくていいのです、健康診断前にちょっとご飯抜くくらいがちょうどいいのだ。
世の中の人が痩せ過ぎている。気にし過ぎ。


髪を切ったから顔がまん丸なのがよくわかる。誤魔化せないのがきついですが、ダイエットなんてするもんかという心意気で生きますという話です。

おしまい。

「未来をやり直す」

「Re:image」というライブのタイトルは「未来をやり直す」という意味である。9年に1年を足すと10年になるけど、その1年には可能性が無限大にある。これからの姿を再度イメージし直す。

こんなことをflumpoolは武道館ライブで言っていました。


「未来をやり直す」って、、、未来から来た人なの?「未来でやり直す」じゃないの?とかライブ中はハテナでいっぱいだったけど、一通り説明を聞いてなるほどってなりました。

近頃割とライブ行くようになって、そんなに一つ一つにこだわってライブレポ書いてみようかなとかもなかったんですけど、武道館ライブが衝撃すぎてそれ関連のことをまた書いています(笑)


正直わたしはあまり人の言葉は聞かないというか、すぐ忘れるタイプなのでこの言葉は本当に本当に印象的だったんです。
三日間ずっと頭の片隅にある言葉です。

わたしも未来をやり直したいです。
社会人までの約1年(10ヶ月 笑)には無限大の可能性がありそうですね?笑

わー!また頑張ろうと思える!
がんばるぞー!おしまい!

広告を非表示にする

flumpoolのライブに行った感想を書いてみる

前回のブログで書いたようにflumpoolの武道館ライブに行って来ました。
14歳の頃からずっとファンやってて、自分でもよく飽きないな…とは思うんですけど、ファンとしての熱量はずっと100ではないんですよ。
中学生の頃は100で応援していたとしても、今は若干減ったりしながら情も入りながらファンやってました。笑

もうすぐ社会人になるし、ライブに行けるのもあと少しだし…っていう気持ちで武道館のチケット取ったんですけど。もう、これは想像以上で。

-------------------

キリがあまり良くないデビュー9年目の今、武道館でライブをやる意味として、隆太さんは10年目に向かって、「あと1年ある」からと言っていました。本当にポジティブな考え方ですよね。
flumpoolのこういうところが好きなんだよなぁってしみじみと感じました。

「もっと大きなバンドになりたい」って、よく言っているのを聞きます。もっともっと大きいところで、もっともっとみんなに愛されるバンドになりますように。ただ、これまでの過去を否定しすぎないで欲しいなっていうのがあります。笑
悔しい思いをしたのもわかる、けど、その瞬間にflumpoolを好きになった人もいるわけじゃないですか。わたしは、flumpoolの初めての武道館ライブをDVDを見て、なんとなく好きだったのがファンになったので…。

今回の演出は本当に衝撃でした。あれはすごい。ぐるぐるぐる、ピカピカ、きらーん、シュッシュッって感じでした(突然の語彙力低下)

うわー、でもほんとに最高だったんですよ。好きが溢れた。あ〜〜、、、
「辛いときは僕たちが背中押すので」そんな一言が嬉しくて。ファンに届けるということを本当に大切に考えてくれるバンドなんだよなぁ、と思います。

各メンバーそれぞれ違った良さがあって。魅力も数え切れないくらいあって。そんなバンドのファンで居られることが嬉しいです。

「この時代を生き抜くために」「ナミダリセット」「Over the rain 〜ひかりの橋」「Because…I am」聞けて良かった。いやどれも好きなんですけども(笑)

2日間最高の時間を過ごしました。大学に入ってからぬるい生活してたので、今の状況が厳しくて辛くて投げ出したくもなったりしたけど、まだまだやれるって思いました。まだまだやってやります。ありがとうflumpool